img_1

ダウン症の書道家「金澤翔子」さんをご存知でしょうか?

発達障害ではありませんが、ダウン症を背負って産まれてた書道家として活動されています。

Sponsored Link

YouTube公式チャンネルも

金沢翔子公式チャンネルでもいくつか動画が配信されています。

公式チャンネルではないですが、カレーを作られている動画も。このカレーの動画のコメント欄には

  • 「ダウンはライオンの餌にすればいい(笑)」⇒お前がライオンの餌になれや
  • 「ダウンゾンビが作ったカレーなんか誰も食べたくないやろ(笑)」⇒お前が作ったカレーの方が食べたくないわ
  • 「こりゃあ、本物のウンコ製造器ですわ(笑)」⇒お前の顔がウンコなんじゃないの?

なんて舐めたコメントも。

Sponsored Link

親が子供のビジネスモデルを創造できれば最強なのでは?

金沢翔子さんはもちろん、ご両親にも注目です。

金沢翔子さんの母親であり書道家の金沢泰子さんへのインタビュー記事も発見したので掲載しておきます。

金澤翔子さんが14歳の頃に亡くなった父親が「字が上手だ」ということを発見し、それを母親が伸ばしたということでしょう。

会社員として生きていくことができない障害や性格の持ち主であれば、自力で稼ぐ力を身に付けるしかありません。結局のところ、親が子供にしてあげられる最高のプレゼントは自力で稼ぐ力を身に付ける為のサポートをすることだと私は信じています。

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link