発達障害の子供が邪魔という意見は、ネット上ではチラホラ目にします。

というよりも、このブログのアクセスキーワード、もしくはアクセスは無いけど検索順位100位以下で「発達障害 子供 邪魔」みたいなキーワードで表示されたというデータが多数あります。

「発達障害の子供が邪魔」という思考の発達障害の子供を持つ親にとって、子供が可愛いというのはあくまでも健常児での話であって、障害児ではないのでしょう。

世間の言う子供は可愛いというのも単なる洗脳であることにも気付かず・・・

 

そして、つい最近、気付きました。

「発達障害の子供が邪魔」という思考を持つ親と、障害がない子供の毒親の思考の共通点に。

その思考の共通点とは・・・

Sponsored Link

「産んでくれた親に感謝しなさい」と思っている

おいおい、一体何を感謝しろというんだい?

子供は自分を産んでくれなんて頼んでもないのに、自分が子供を産みたかったから生んだだけのくせに、一体何を感謝しなきゃならないのでしょう?

もしかしたら、本当は望んでなかったのかもしれません。

  • 子供を産まないと世間体が悪い
  • 親、もしくは義理親の価値観に合わせた

色々な理由はあるのでしょうが、これらは全て自己保身のため。

決して子供のために産んだというわけでく自分のために子供を産んだにも関わらず、

  • 発達障害の子供が邪魔
  • 親に感謝しろ(しかも毒親に)

なんて、一体何様のつもりなのでしょうか?

  • 発達障害の子供が邪魔
  • 親に感謝しろ(しかも毒親に)

こういった思考を持つ人間とは、私はなるべく関わらないようにしたいです(笑)

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link