とある夏休みの児童クラブでトラブル多発だったことを今更、聞きました。

健常児であれば毎日、児童クラブで面倒を見てもらえるのを、発達障害がある息子は「〇日と〇日が見れます。」的な対応をされていたようです。

しかも、児童クラブに入る前はそういった情報を一切告知せずに入ったものだから、かっくんママはイライラ。

発達障害児が児童クラブに入ると予算が多くもらえるとのことだったので、児童クラブ側としてはそれ目当てで息子の加入を誘ってきたのかもしれません(笑)

それならそれで良いから、予算多く貰えてんなら仕事しろやって思ってしまいます。というよりも最初から障害があるから「〇日と〇日は見れます」的な説明を受けていればトラブルになる理由もないのに、説明ぐらいしっかりしてほしいものです。

Sponsored Link

健常児のパパにアドバイス(戯言)を受けるかっくんママ(笑)

児童クラブと保護者で会議?みたいなものがあったそうで、そこで健常児のパパにアドバイス(戯言)を受けたそうです。戯言内容は記載しませんが、舐められてんなぁ~と感じました。「てめぇに言われる筋合いは無いんですけど????」なんて思ってしまいました。(私が言われたわけではありませんが)

 

私は偏見かもしれませんが、基本的に健常児の親は障害児の親を舐めていると思っています。

「自分の子供は将来は自立するけど、障害児があるあなたの子供は自立できるの?」的な考え方をしていると思っています。

でも、こういった考え方をしている公務員もサラリーマンも二代目や雇われ社長、雇われ店長も、お国は自立者ということにしてくれているけど本質的には依存者なんですけどね!

自分が本質的には依存者であるということにも気付かず自立者だと勘違いし、せいぜいお国が自立者ということにしてくれているけど本質的には依存者であるという身分に守られ続けていれば良いんだと思います。

別に「本質的に自立しないとダメだ!」という価値観はもう既に持ち合わせていませんが、本質的には依存者である輩に自立を口にされると腹が立つやら、情けないやらです。

Sponsored Link

追伸

今日は3週間ぶりに息子に会ってきました(笑)

単語の数が増えてきたのと、滑舌が少し滑らかになっているように感じました。

追伸2

「学校行かん!またホテルに泊まりたい!」

最近、この発言が多いそうです。

そりゃ、誰だってホテルに泊まりたいよ・・・

「ホテルに泊まりたいから学校に行きたくない」という私には到底思いつかない発想に、息子の可能性を感じるのでした(笑)

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link