208

息子と過ごしていて、ふと気付きました。今年の初旬に比べて、成長が著しいことが多いことを。

そりゃ子供だから成長するのは当たり前なんだけど、発達障害を持っている子供の親は、そんな当たり前は当たり前じゃありませんよね?(まさか私だけそう思ってるわけじゃないですよね??)

そこで、今年初旬の息子と、今の息子の違いをピックアップしてみることにしました。

Sponsored Link

10か月前はできなかったけど、今はできることリスト

  • 今年初旬はコミュニケーションできなかった。→今は少しできる。
    (これによって、全く分からなかった息子の気持ちが、今は少し分かるように)
  • 薬を入れるカテーテルの消毒を嫌がりパニック。→今は平常心しかも協力的になる。
    (慣れただけかもしれないけど)
  • おもちゃを片付けられなかった。→そこそこ片付けれるようになる。
  • しょっちゅうパニックになる。→パニックになる回数が極端に減った。
  • パニックになったら1時間以上続くのははザラ。→今は30分以内には終わる。
    (感情のコントロールがだいぶできるようになったと思う。)
  • 喋れる単語が極端に少なかった。→単語は極端に増えた(発音が少しおかしいけど)
  • 言葉で意思表示することが全くできない→言葉で意思表示ができるように。

息子の成長を感じる点は、ざっとこれくらいかな。なかなか多くないですか?

9ヶ月10ヶ月の成長としては、なかなか凄いのではないかと思ってるんですが汗

 

もちろん、直した方が良いと思う点もありますよ。

今、特に気になっているのは

  • 言葉の遅れは、かなりある。
  • 興奮すると少し奇声を発する。
  • やっちゃいけないと分かっていることを、気にせずにやっちゃう。
    (玩具を投げたり、靴を脱ぎ捨てて廊下を走ってしまったり)

っていうことぐらいかな。また年齢とともに課題点も増えるのかもしれないけど。

いや、それでもマジで成長を凄く感じる。

意味があったのか、たまたまなのか分からないけど、

  • 自己重要感を満たしてあげるために事あるごとに褒めまくったり
  • 良質なサプリメントで栄養摂取させたり(息子が苦なく摂取できるサプリのみに絞る)
  • 手足の強めのマッサージを続けたり
    (あまりに嫌がるので寝た後にしているため、意味あるか不明だけど)
  • 絵カードを活用してみたり(今は活用する必要はほぼ無いと思うので使っていない)

色々と情報収集して行動した甲斐がありました。

まだ4歳児には無理だろうけど、もう少し年齢が上がったらやらせてあげたいこともたくさんある。(瞑想とか)

脳の機能をより使えるようにする為の情報は既に収集済み。そして、これからも情報収集は怠らない。

あとは小児がんを克服してもらって、発達障害を薄くすることを実行する予定。

本当に上記のやったことリストは意味があったのか、たまたまなのか分からない。だけど、少なくともやったほうが後悔は少ないし、やらないより納得がいく。

私の息子はまだまだ成長できる。そして成長の幅を広げれるかどうかは親である私と息子の母次第だ。

本気でそう思う。

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link