110

  • 自分の子供が発達障害を背負ってしまった・・・
  • これは親である私のせいだ・・・
  • 子供から目を離せないし、親は休んじゃいけないんだ!!

こんなことを思っている親がいるとしたら、子供は何て思うでしょうかね?

自分の存在を否定された気になるような気がしませんか? 少なくとも、良い気分はしませんよね?

Sponsored Link

親が休息をとることは子供にとっても大事なこと

親が疲れていると、子供にとってよくありません。疲れがたまると、

  • 思考力が低下する。
  • イライラして子供にきつく接してしまう。
  • 子供に優しくできない。

等といった、良くないことが起こりやすいです。私は大丈夫なんて思っていても、人間なんてそんなものです。

そうは言っても、うちの子は目が離せないから休めない!

親や旦那に見てもらうことはできないでしょうか? もちろん、全ての人が見てもらえる環境にあるわけじゃないのは分かっています。

親や旦那が忙しいならまだしも、子供が発達障害があることを認めずに、「お前の育て方が悪いんだ!」と言わんばかりの態度な人もいるのも知っています。

でも、それでも誰か助けになってくれる人を探して見つけるべきです。でないと、あなたが倒れてしまいます。あなたはもちろん、子供まで困ってしまいます。

Sponsored Link

人生は、子育ては100kmマラソンだ

人生は、そして子育ては100kmマラソン、1000kmマラソンのようなものです。3ヶ月ぐらいなら短距離走を走り続けられるかもしれませんが、数年間も短距離走を走り続けられる人なんて稀です。

少なくとも、あなたがそういう希な人間である可能性はほぼゼロです。

あなたが倒れてしまう前に、誰か助けになってくれる人を見つけて、適度に休息しながら、大切な子供さんと1000kmマラソンを走られることを願います。

子供が発達障害を背負ってしまうと、親は頑張り過ぎてしまうものだけど、「適度な休息は子供にとって良き親であるために大切なこと」であることを頭に入れておきたいものです。

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link