2jisyougai

  • 「どうしてあなたはこんなこともできないの!?」
  • 「あなたなんか産まなきゃ良かった・・・」
  • 「(心の中で)この子は宇宙人だと思おう・・・」

勝手に産んでおいて、しかも発達障害を背負わせておいて好き勝手な事を言う親の言葉です。

発達障害の子供は二次障害の危険性があるとのこと。二次障害とはどういうものかというと、うつ病や不安障害などの精神病。

上記の言葉を親が言っていたり、周りの嫌がらせやイジメがあると起きる可能性が高まるようです。

子供は褒めたり認められたりする経験が少ないと、自分に自信を失ってしまいます。その結果、「どうせ自分なんか・・・」となってしまうようです。

Sponsored Link


これを知った私は、「絶対に俺の子供には二次障害を起こさせないようにしよう」と心に誓いました。

発達障害があっても自分に自信を持って生きていく力を授けたい。自分に自信がない人生はとても不安で、心細そうです。

 

幸い、私は自営業者です。会社や組織に養ってもらう必要もありません。

考え方が普通の人と違います。人と違って良いと思っていますし、無理やり学校に行かせる必要もないと思っています。

ただ、「自力で稼げる力を身に付けさせて、自分の生きたいように生きてもらいたい。」

この力があれば会社や組織に養ってもらう必要もありませんし、発達障害があるから仕事がないということもなくなると思うので。

 

なんか話が反れた気がしますが、発達障害を持つ子供は二次障害の恐れがあるということです。

なるべく二次障害にならないように、子供を否定するような言葉は避けて肯定する言葉を話してあげましょう。

肯定的な言葉が子供の自信に繋がり、二次障害が起きる可能性を小さくし、発達障害を薄めることにも繋がると思います。

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link