最近流行りの「保育園落ちた。日本死ね。」をパクったタイトルで投稿してみます。はっきり言って、「保育園落ちた。日本死ね。」のブログ投稿者の方に対してどうのこうのはないですが、はっきり言って私のほうが「日本死ね!」って思っている自信がありますね。

ということで、私の心の内を暴露してみたいと思います。

Sponsored Link

息子が発達障害。日本死ね。

息子は発達障害があって、今もカタコトしか喋れない。しかも、そのカタコトの単語が間違っていたりする。恐らく、「発達性言語障害」「機能性構音障害」があるんじゃないかと思う。障害を軽くするための工夫は色々しているからか、成長は確かに感じている。ただ、このまま喋れるようになるのか?という不安は拭えない。

別に喋れなくても生きるのに不便でなければ良いけど、そうはいかないのが世の中。せっかく息子と一緒に雇われない自力で稼いで生きていく人生を楽しもうと思っていたのに、一体何なんだ?この無力感は・・・

もちろん他の障害の特徴もあるけど、今一番大きな発達障害関連の障害は言葉の発達ですね。

息子が小児がんになった。日本死ね。

闘病生活から既に1年以上が経過している。抗がん剤治療をしているので、髪の毛は抜け落ちている。身長の伸びも悪くなっているはず。仮に小児がん治療が終わったとしても、再発率は40%と思われる。陽子線治療という最新治療をしたりしているので、実際には再発率は分からないとされているが、今までの一般的な治療で治った場合の再発率は40%。再発率多すぎだろ。小児がん再発にビクビクしながら生きていけっていうのか?というよりまず治るのか?ふざけるな。日本死ね。

陽子線治療を受けているので、その箇所の骨は成長に伴い美容形成手術が必要

陽子線治療を受けさせたことに後悔はしていない。最善の治療法だと医師と親である私たちが判断したから。その代わり、骨の成長が悪くなるので美容形成手術が必要とのこと。まあ、このことはまだマシだな。お金はかかるけど、お金をかければ気にならなくなる程度ならなんてことはない。ただ、お値段はいくらかかるんだろ??(笑)

息子が顔面神経切除して右側の顔面麻痺は一生残る。日本死ね。

まだ5歳の息子の右側の顔面神経は切除している。陽子線治療してもがん細胞を殺しきれなかったからだ。私に似てイケメンだったのに、笑ったら片方が顔が動いていない。眠っている時も、右目がうっすら空いていることも。 最強の武器だった笑顔も、今では引きつった顔みたいになってしまった。

今日、息子におねだりされて「ビッグトーマス」なるプラレールおもちゃを買うことになったが、その時の周りのびっくりした顔。70歳はゆうに過ぎてそうなお婆さんの何とも言えない顔。あーあ、5歳の子供に対してそんな顔するのね。レベル低すぎないかい?年齢相応の経験値はないのかい?戦争を経験してるから偉いのかい?言葉がないです。死ねばいいのに。

話が脱線したけど、なぜ5歳児が顔面神経麻痺まで背負わねばならんのかね?

小児がんとの闘病で生き残れたとして、学校でからかわれたりしたら殴ってボコボコにできるよう格闘技を教えてあげたい。息子が自分から理由なく殴るのは怒るけど、からかわれて殴ってボコボコにした際は、相手の親の前でも学校の教師の前でも「よくやった!!」と褒めてやろうと思う。

って、また話が脱線してしまった。

Sponsored Link

小児がん闘病生活はまだ続く。日本死ね。

手術では切除しきれない場所にもがん細胞があることが分かっている。だから今も抗がん剤治療を続けている。先が見えない。日本死ね。

親である私の精神的な変化

息子以外の子供を可愛がれなくなった

なんで自分の息子がこんな風になってしまっているのに、他人の子供に良くしてやれようか。子供を見るだけでイライラする。もちろん、自分の子供以外の子供全員ね。

殺人者の気持ちが分かった気がする

殺人にも色んな種類の理由やタイプがあるのでしょうけど、私は人殺したくなる人間の気持ちが分かった気がしている。

「自分の息子がこんな目に遭っているのに、お前らが楽しく生きるのは許さん」

所謂「嫉妬」というやつだな。人に嫉妬するタイプではなかったし、嫉妬した経験を思い出すのも難しいが、障害も病気もない子供を持つ親に嫉妬している自分がいる。この気持ちが強くなりすぎて精神的発狂を起こしそうだ。殺人は嫉妬から発生するんことが多いんじゃないかと思っている今日この頃。

仕事をする気力を失った

仕事はしているけど、したくないのが本音。そうはいっても、サービス中はお金をもらう代わりに価値相応のサービス接客をする必要があるのでしている。ただ、一日が終わると何とも言えないやるせなさがある。まあ、殺人者の気持ちが分かった気がしている最中に仕事に対する意欲気力がある人間もいないだろうけど。

それでも私は生きていく

まだ息子は人生を悲観していないし、分かってもいないと思う。

そして私も生きていく意味がないと思う反面、これだけ書き綴っておいて何ですが、実は希望も捨ててはいない。

勝手に子供を産んでおいて勝手に死ぬほど身勝手なことはないし、息子が生き続けるのであれば社会の歯車にされながら生きていくことを避けたい私は、何としても息子に自力で稼いで生きていく術を身に付けさせてから死にたい。どんな人生でも社会の歯車にはされるんだろうけど、こっちも反抗心をもって社会の仕組みを利用してやるぐらいの気持ちですね。

suisenkabu
(注目記事)発達障害についての良質な書籍と教材リスト

あなたのご感想をお聞かせください

あなたからご感想を頂けることがブログ更新の励みとなっています。

ご感想をいただけると、とても嬉しいです!⇒ご感想フォームはこちらから

ブログランキングに参加しています

あなたの応援がブログ更新の励みとなっています。

応援クリックをいただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 


Sponsored Link